全くの初心者、時には大自然を満喫してアウトドアを楽しみたいと思っている女の子、
パルちゃんと一緒に手軽な防波堤の海釣りを始めてみませんか?
つりが始めての人へ
〜釣り場に着くまで〜
季節で釣れる魚は?
釣り場を選ぼう
釣り場の天気は?
安く道具をそろえよう
エサを買おう
釣り場の服装は?
あると便利な小物
〜釣り場に着いたら〜
マキエを作ろう
仕掛けを作ろう
魚を釣り上げよう!
釣った魚は?
もっと釣りたい人へ
〜仕掛けを考える〜
仕掛けの特徴を知ろう
おすすめの仕掛けは?
そろえたい小物は?
〜釣り方を考える〜
マキエの撒き方は?
仕掛け投入は?
ウキの流し方は?

仕掛けの特徴を知ろう

<トクゾー>
パルちゃんが持っている道具はファミィーフィッシング用だから違うのは当然だね。
ほとんどの常連さんはたくさん釣れるように仕掛けや道具を選んでいるからね。

<パルちゃん>
でも、釣具店にいくとウキ釣り(海釣り)の仕掛けや道具だけでも、たくさん種類があるからよく分かんないよ〜。
どういう仕掛けや道具をそろえたら良いのか教えて。

<トクゾー>
よーし、分かった。
まずは仕掛けや道具の種類や特徴と、ウキ釣り(海釣り)での選ぶときのポイントを教えてあげるね。
ちょっと細かい説明になるけど、釣りをする上で知っていると役に立つことを下にまとめたよ。

竿:長さ、弾力性(適合鉛負荷)の種類があり、防波堤や磯でのウキ釣り(海釣り)に適した長さは4.5m〜5.4m、太さは0.8号〜1.5号(規格)の間のものを選ぶ。
長さは自分の身長に合ったもの、太さは号数が大きいほど竿の曲がり方が硬い。
体長50cm以上の魚を狙うなら1.5号が必要だけど、防波堤の場合は1〜1.2号で十分。
価格帯は5,000円程度から
竿

リール:規格がメーカーによってまちまちだが、基本的には形状と標準糸巻量によって番号がついている。
ウキ釣り(海釣り)の場合はスピニングタイプが操作性も良くトラブルが少ない。標準糸巻量は2号の道糸が150m〜200m巻ける2,000番〜2,500番がよい。
番号が大きいほど、たくさんの道糸が巻けるが、重量が大きくなり長時間の釣りには適さない。
価格帯は2,500円程度から
リール

道糸:ナイロン製の150m巻きが主流。
種類は太さと色があり1.5号〜3号(規格)を選ぶ。
号数が大きいほど太くて強度があるが、風や潮の流れが強い日は、糸が太いほど影響を受けるので、2号程度の太さが一番扱いやすい。
色は最初はできるだけ視認性良いものを選ぶともつれ等のトラブルが防げる。
価格帯は800円程度から
道糸

ハリス:フロロカーボン製の50m巻きが主流。
種類は太さがあり、0.8号〜2号(規格)を選ぶ。
号数が大きいほど太くて強度があるが、太くなるほど魚から見えやすくなったり、魚がエサを口に入れたときに違和感を感じやすかったりと魚の喰いが悪くなると言われているので、1〜1.2号程度の太さが適している。
価格帯は800円程度から
ハリス

ウキ:種類は形状と浮力がある。
形状は玉ウキ、円錐ウキ(どんぐりウキ)、棒ウキがあり、自重があって遠投ができ、タナ(ハリからウキまでの長さ)を変えやすい点、風の影響を受けにくく潮の流れを捉えやすい点で円錐ウキがもっとも使いやすい。
浮力は0〜3B程度のものを選ぶ。
0号はウキ単独の浮力が海水ではぎりぎり浮いているが、真水では沈む程度の浮力で、数字が大きくなるほど浮力が大きくなり、ウキから下に大きいオモリが使える。
ウキからハリまでを長く取りたいとき(4m以上)は、大きいオモリを使うため2B〜3Bのウキを使い、逆に短いとき(1〜3m)は0〜G2,Bのウキを使う。
価格帯は600円程度から
ウキ

ハリ:ハリは数え切れないほどの種類があるので種類、特徴は割愛する。
オールマイティにどんな魚にも適応できるハリはチヌバリであり大きさは1〜1.5号が適している。
最初は手間もかからず経済的な糸付きハリを使い、慣れてきたら自分でハリを結ぶタイプを購入しよう。
価格帯は200円〜300円
ハリ

サルカン:道糸とハリスを結合させるためにあるグッズで、両端の輪が回転して糸がよれない仕組みになっている。
種類は大きさで、メーカーによって規格が違うが、極小〜小、もしくは重力表示-G5〜-G2までのものを選ぶ。
価格帯は90〜230円
サルカン

オモリ:種類は形と重さがある。
形は割りビシ(楕円形)とガン玉(球形)があり、柔らかく着脱の
簡単さからガン玉タイプのほうが良い。
重さの規格がきちんとしており、G8〜3B(規格)までのものを
選ぶ。基本的にはウキの浮力表示と同じであり、つけているウキと同じになるようにラインに付ける。
G4,G2,Bの3種類があれば十分である。
価格帯は50〜120円
オモリ

ウキ止め糸:ウキが固定できない深い水深にサシエを入れるときに、届けたい長さの位置に取り付ける、道糸に巻く糸。種類はゴム、編込糸、溝付き棒巻きがある。一番手軽で簡単に出来るのは溝付き棒巻きタイプの小がお勧め。
価格帯は150〜230円
ウキ止め糸

シモリ玉:ウキの上部道糸に通し、ウキ止め糸のところでウキを止めるために取り付けるもの。
種類は形状の違いと大きさの違い。
形状はテーパー、小粒、半月タイプで、大きさは少々、小、中、大がある。形状は好みで、色は出来るだけ視認性が良い蛍光赤で、大きさは少々か小を選ぶ。
価格帯は100円〜230円
シモリ玉

マキエ杓:種類は先端カップの大きさと材質、シャフトの硬さがある。カップの大きさは、中・小または、M・Sがあり、マキエを出来るだけ少量ずつ撒くために小さいタイプを選ぶ。
カップの材質はチタン、ステンレス、プラスチックとあるが、軽さと価格を考えるとプラスチックが良い。シャフトはカーボン素材のもので、できるだけ硬いものが遠投しやすいて良い。
価格帯は800円程度から
マキエ杓


チョット解説が長くなっちゃったけど、ウキ釣り(海釣り)主に使う仕掛けや道具の説明はこのくらいだね。

<パルちゃん>
釣りの仕掛けや道具1つ取ってみても、結構奥が深いんだね。
ちょっと難しい・・・。

<トクゾー>
まあ、よほどアンマッチな釣りの仕掛けや道具を使わない限りは、仕掛けや道具のことを知らなくても魚は釣れるけど、知らないより知ってるほうが上達が早いからね。

<パルちゃん>
うん、ぼんやりだけど前よりは釣りの仕掛けや道具の意味がわかったような気がするよ。
早速、釣具店に行って、トクゾーから具体的に仕掛けや道具の「どれを買え!」っていうものをおしえてくれない?

<トクゾー>
じゃあ、中級者になりたてのパルちゃんの仕掛けや道具を見立てに行くか!

おすすめの仕掛けは? 次へ>>
SEO [PR]  ローン比較 再就職支援 バレンタイン 無料レンタルサーバー SEO